LINE 予約 / 24時間受付

友だち追加

Blog記事一覧 > 未分類 > 頸椎捻挫は症状が軽くても長期間にわたり症状が残る可能性があります。

頸椎捻挫は症状が軽くても長期間にわたり症状が残る可能性があります。

2017.09.03 | Category: 未分類

治療には長期間を要することもある

 

手首や足首の捻挫・挫傷に比べ、頚椎捻挫・挫傷は症状が軽いからといって放っておくと、治癒に相当の長い期間がかかってしまう事が少なくありません。

 

首は体重の10%(ボーリングの玉をイメージしてください)の重量がある頭部を常に支えているため、その負荷を受けつつ捻挫・挫傷を治すにはそれなりの時間がかかってしまいます。

 

足首や手首は病院で固定をして動かないようにしていれば安静にできるかもしれません・・・・。

 

 

ですが、首は完全に安静にすることは極めて困難だといえます。

 

振り向くだけでも負担が加かり、肩を上げるだけでも首の筋肉に多少なり負荷がかかります。
深呼吸をする際にも媚に付着している筋肉が活動しています。

 

首の捻挫は症状が軽いからと思っても、長期間にわたる可能性が大いにあります。

 

交通事故に遭われて、首に違和感が少しでもある場合はすぐに専門家に診てもらいましょう。

 

事故直後に症状がない場合もありますが、事故直後は興奮状態にあるため、痛みに気が付かないケースがとても多く見られます。

 

交通事故に遭われてしまった場合は、ご自身で大丈夫だと思っても、しっかりと専門家に診てもらうようにしましょう。

コンタクト

アクセス情報

所在地

〒335-0002
埼玉県蕨市塚越5-41-9 光ハイム1F

予約について

お電話・メール・24時間LINE予約でのご予約が可能です

休診日

火曜・日曜午後・祝日

お待ちしています

12月1日からこちらのサイトは閲覧できなくなるなります。当サイトからネット予約をされていた方は新しいサイトから予約・お問い合わせをお願い致します。